本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

災害対策・減災DISASTER / PREVENTION / RESILIENCE

トップページ > 災害対策・減災 > 備蓄 > 52時間停電実録 > 最低限度の空気感協

災害について災害対策本部非常事態類別Disaster車中泊車中泊
disasterdisasterdisasterdisasterlibrary私たちの研究

医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。





エアコン

信号停電

2007年調達品

 私たちのエアコンはメインの天井カセット式ツインエアコンのみ2013年、残りは2007年に調達しています。

 エコ性能は10年型落ちですが、2.2kWタイプで冷房運転電流5.1A、暖房運転電流4.6Aなのでenepoの定格範囲内です。単純計算では冷凍冷蔵庫との併用も可能です。



熱中症

実稼働

 エリア停電の真っ最中、私達はエアコンを使わさせて頂きました。

 2.2kWのエアコン1台と冷凍冷蔵庫1台の併用は可能でした。
 そこに前開冷凍庫(140L)を足すと過負荷でした。

 エアコンと冷凍冷蔵庫、数台の照明、スマホ充電であれば過負荷にならないので、ガスボンベ交換のたびに冷凍冷蔵庫と前開冷凍庫のコンセントを差し替えて食品を守りました。



熱中症

エコスロットル

 就寝中のエアコン稼働は、enepoをエコスロットル運転していましたが、エアコンも冷蔵庫も電動機が動く機会が少なく大半をエコ運転していました。

 エコ運転状態であれば燃料が倍ほど長持ちしますので、安眠時間の確保にも役立ちます。

 エアコンは就寝前に25℃で床や壁までも冷えるように強力に運転し、就寝時には27℃に設定変更してマイルドな運転にしました。
 冷蔵庫は開閉が無いので、さほど動く事はありませんでした。




私たちの実体験





世の中・一般論


信号停電

気温30℃

 真夏の40℃に迫る暑さのピークは過ぎた9月ですが、昼間30℃、夜間25℃の夏らしい気候でした。

 扇風機に当たり続けていればなんとかしのげそうな暑さですが、涼しくはありません。



熱中症

熱中症対策

 台風が過ぎたばかりなので地面には湿気が残っています。
 台風一過とはいえ、湿度が高い中での晴天では熱中症リスクが高まります。

 今年の熱中症搬送患者の数は異常でしたが、その現場となったのが『住居』でした。
 エアコンを使っていないがために熱中症になったと思われる例が後を絶たず、私たちもオムロン社製の環境センサを取り上げ研究していました。

 精神的な我慢の限界と、肉体的な我慢の限界は必ずしも一致せず、特に災害発生時は興奮状態で精神的には錯誤しやすい状況のため、冷静になって『暑さ』を評価する必要がありそうです。

環境省:熱中症予防情報サイト
環境省熱中症予防情報サイト:暑さ指数(WBGT)とは?
厚生労働省:STOP!熱中症 クールワークキャンペーン(職場における熱中症予防対策)
日本経済新聞:熱中症搬送『住居』45% 高齢者、午前・夜間多く 東京消防庁(2018年8月10日)
オムロン:環境センサ



扇風機

扇風機

 体温を上昇させない策として扇風機を使いました。

 扇風機は身体に風が当たれば熱を奪い、体温を上昇させない効果があります。

 ただし、体温と同等の風を当て続けても熱は奪われないので気温が35℃近いと扇風機の効果は期待できません。脇の下などでは36℃でも腕などは32℃くらいなので、実際には台風一過の昼間の扇風機は期待するほどの効果はありませんでした。

 また、子供は扇風機の前でじっとしていられないので、熱中症リスクは高まります。

 私たちが使用した扇風機の内の1台はバッテリ内蔵、ラジオ内蔵、照明内蔵。重宝しました。








※.当サイトで紹介する情報は災害時の安全を約束するものではありません。参考情報としてご覧ください。





医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。

バナースペース

AmpiTa Project

www.ampita.net




医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。