本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

災害対策・減災DISASTER / PREVENTION / RESILIENCE

トップページ > 災害対策・減災 > 備蓄 > 52時間停電実録 > 台風21号アーカイブ(電灯)

災害について災害対策本部非常事態類別Disaster車中泊車中泊
disasterdisasterdisasterdisasterlibrary私たちの研究



懐中電灯

懐中電灯

懐中電灯

 懐中電灯は大活躍でした。


ランタン

 懐中電灯にコンビニの袋を被せてランタン化しました。

 初日の夕食はこの方法で明かりを確保していました。
 浴室もこの方法で明かりを取りました。

 この方法は2015年夏に実験しAmpiTaのサイトでもご紹介しておりました。
 使った物はスーパーの袋と輪ゴムです。

AmpiTa:停電したときは、代用品を使う。, 停電, 発災時専用ページ

臨時休業


ローソク

ローソク

仏壇用

 家には仏壇用の蝋燭しかなかったので、複数本立てて使いました。



※.当サイトで紹介する情報は災害時の安全を約束するものではありません。参考情報としてご覧ください。




バナースペース

AmpiTa Project

www.ampita.net




医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。