本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

災害対策・減災DISASTER / PREVENTION / RESILIENCE

トップページ > 災害対策・減災 > 災害対策本部

災害について災害対策本部非常事態類別Disaster車中泊車中泊
disasterdisasterdisasterdisasterlibrary私たちの研究


災害対策本部

災害対策本部

本部機能(災害対策本部)

 災害が発生すると各組織では災害対策本部が設置されます。防災訓練などでは社長や校長が災害対策本部長となり、幹部や総務が役割分担する組織図が描かれますが、実際は出張等で不在であったり怪我をして戦線離脱せざるを得ない状況が想定されます。

 災害対策本部は綿密に準備されたものばありではなく、即席で作られ運用されるものが多くあります。 訓練の際に本部長を務める人材が災害時には居ないこともあり、計画変更を想定した対策が求められます。

 発災後は限られた人材で最大限のパフォーマンスを発揮するために役割分担がなされます。正確な情報の収集は重要ですが、目下の急務である人命救助や食料調達、排泄処理、行政や自衛隊との調整などやるべき作業は膨大です。

 処理すべき業務に対応した組織図を作成し、限られた人員が臨機応変に相互補完する体制が求められます。細かな指示を出すには状況把握と評価分析が必要となりますので、時間に余裕がない状況では方針だけ共有し、判断は現場任せとすることで対応が円滑になる場合があります。





本部機能 (災害対策本部)

AmpiTa

組織

 本部は『船頭多くして船山に上る』とならぬよう指揮官は少数に絞り込み明確な指揮命令系統を作ります。

 一方で情報収集や現場対応はマンパワー不足のなかで進めなければならないので、ある程度の担当制を敷きます。

 組織図は予め作成し関係者とも共有をしておきます。しかしながら組織体として動けるほどのマンパワーが無かったり、指揮官となるべきマネジャーが到着していない場合など、適宜対応することになります。



報告・連絡・相談  

 災害対策本部で配慮しなければならない重要な事項です。

 情報が少なければ戦略の精度は落ちますが、報告・連絡・相談している暇があれば目の前の診療を進めたいというのが医療現場です。

 何のための報告なのか、どこまでが相談なしに進められる処置なのか、誰に連絡すれば最も素早いのか、訓練も重ねながら精緻化する必要があります。

 『狼煙を上げる』はことわざのようになっていますが、戦国時代には情報伝達手段として使われていました。
 平時は電話、メール、放送、気送管、伝達員(メッセンジャー)と多様な方法で連絡が取れますが、非常時には限られた手段になります。
 普通は連絡手段としては使わない自動車のクラクションやヘッドライト、旗掲揚ポールなど周囲にはツールがたくさん潜在しています。予めルールを理解していれば、こうしたアイテムも情報伝達ツールになり得ます。





ヒト (災害対策本部)

柔軟なチームプレー

 私たちは『柔軟なチームプレー』を推奨しています。

 任された担当部分については責任感を持ってチーム(災害対応)に貢献して頂きますが、時々刻々と変化する非常時にマニュアル通りはあり得ないので、現場裁量で臨機応変な判断と行動ができる環境が奏功します。

 指揮官からも明確な言語として自律性を兼ね備える組織活動に努めるよう指示していただく方がスタッフも行動しやすいです。

 過酷な状況であっても、そのときに最適な対応ができるプロが現場に居ると信じられるよう、平時からの研修や訓練が大きく響いてきます。



情報伝達

 会議ばかりしていては現場が疎かになってしまいますが、自分たちが今どこに向かって進んでいるのか方向性と進捗は関係者全員が共有できることが士気にもつながるため適度な会議開催や館内放送での情報共有などが有効になります。

 特に社長や院長などトップ人材が未到着で職位の低い人が指揮官となっている場合には、現場からの信頼を得るためにも情報の共有が重要になります。





モノ (災害対策本部)

備品  

 災害対策本部には必需品と、作業軽減につながる便利品があります。
 いずれも備品として準備しておきたいアイテムです。

 ホワイトボードは壁一面を覆うほど何枚も用意されて良いと思いますが、ITが利用可能であればウェブカメラ等で被災していない遠隔地で記録を残してもらったり、支援物資やマンパワーの手配戦略を一緒に立案してもらうなどの方法も考えられます。

 アナログ手法も多用されるので、カラー用紙を用意して色で作業を分類すると『オレンジだから食事』『水色だから搬送』といった作業大別ができ、さらにクリアホルダなどもカラー別に用意するとより視認性が高まります。





食事

 職員全員分などの大量調理は調理室や炊き出しなどの方法で大きな釜や鍋を利用します。

 災害対策本部員は食事を貰いに行くタイミングが合わないことや、本部外で何かに巻き込まれて戻って来なくなると指揮官不在のチームとなってしまうため、なるべく本部内で完結させたいところです。

 1日3回の食事、しっかり食べられるように特別に備蓄します。
 水や熱を使わない物で何種類か用意します。




省電力化

 災害対策本部は司令塔です。
 ここがダウンすると内外との連絡手段が途絶えたり、戦略の無いチームプレーに依存しなければならなくなります。

 限られた電力と通信をエコに活用する手段を確立します。

 例えばパソコンのハードディスクをSSDに置換する。これだけでノートパソコンのバッテリ持続時間は数時間延長します。SSDは起動時間の短縮や処理速度向上など利点が多いです。

 Wi-Fiのアクセスポイントを災害対策本部に設置する。これでも端末側が電波を探したり、強く飛ばしたりするエネルギーを減らすことができるかもしれません。

 スマートフォンも必要外のアプリを強制終了したり、電話をかけるとき以外は機内モードにしてすべての通信を切っておくと数時間〜十数時間も電池を長持ちさせられます。



バナースペース

AmpiTa Project

www.ampita.net




医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。