本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

災害対策・減災DISASTER / PREVENTION / RESILIENCE

災害について災害対策本部非常事態類別車中泊災害関連資料私たちの研究

災害対策本部

災害対策本部

本部機能(災害対策本部)

 災害が発生すると各組織では災害対策本部が設置されます。防災訓練などでは社長や校長が災害対策本部長となり、幹部や総務が役割分担する組織図が描かれますが、実際は出張等で不在であったり怪我をして戦線離脱せざるを得ない状況が想定されます。

 災害対策本部は綿密に準備されたものばありではなく、即席で作られ運用されるものが多くあります。 訓練の際に本部長を務める人材が災害時には居ないこともあり、計画変更を想定した対策が求められます。

 発災後は限られた人材で最大限のパフォーマンスを発揮するために役割分担がなされます。正確な情報の収集は重要ですが、目下の急務である人命救助や食料調達、排泄処理、行政や自衛隊との調整などやるべき作業は膨大です。

 処理すべき業務に対応した組織図を作成し、限られた人員が臨機応変に相互補完する体制が求められます。細かな指示を出すには状況把握と評価分析が必要となりますので、時間に余裕がない状況では方針だけ共有し、判断は現場任せとすることで対応が円滑になる場合があります。




本部機能 (災害対策本部)

AmpiTa

組織

 本部は『船頭多くして船山に上る』とならぬよう指揮官は少数に絞り込み明確な指揮命令系統を作ります。

 一方で情報収集や現場対応はマンパワー不足のなかで進めなければならないので、ある程度の担当制を敷きます。

 組織図は予め作成し関係者とも共有をしておきます。しかしながら組織体として動けるほどのマンパワーが無かったり、指揮官となるべきマネジャーが到着していない場合など、適宜対応することになります。



柔軟なチームプレー

 私たちは『柔軟なチームプレー』を推奨しています。

 任された担当部分については責任感を持ってチーム(災害対応)に貢献して頂きますが、時々刻々と変化する非常時にマニュアル通りはあり得ないので、現場裁量で臨機応変な判断と行動ができる環境が奏功します。

 指揮官からも明確な言語として自律性を兼ね備える組織活動に努めるよう指示していただく方がスタッフも行動しやすいです。

 過酷な状況であっても、そのときに最適な対応ができるプロが現場に居ると信じられるよう、平時からの研修や訓練が大きく響いてきます。



情報伝達

 会議ばかりしていては現場が疎かになってしまいますが、自分たちが今どこに向かって進んでいるのか方向性と進捗は関係者全員が共有できることが士気にもつながるため適度な会議開催や館内放送での情報共有などが有効になります。

 特に社長や院長などトップ人材が未到着で職位の低い人が指揮官となっている場合には、現場からの信頼を得るためにも情報の共有が重要になります。



備品  

(本文準備中)







報告・連絡・相談  

(本文準備中)




食事  

(本文準備中)




省電力化

(本文準備中)




バナースペース

AmpiTa Project

www.ampita.net





医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。