本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

災害対策・減災DISASTER / PREVENTION / RESILIENCE

[(Drone)] -AmpiTa-[(HS200 ToyDrone)] -AmpiTa-[(Drone NEWS)] -AmpiTa-[(Drone TOPIC)] -AmpiTa-


ドローン・Drone

無線操縦・無人機
Radio control airplane / Drone

 ミツバチのブンブンという音をdroneというそうですが、今となってはリモコン式無人飛行機としてのdroneが世界的知名度を持っています。

 災害対策として情報収集と物資輸送の2面からドローンの活用が検討されているようですので、私たちもドローンの可能性について研究を開始しています。

 業務用ドローンは1機10万円超しますので、まずは1万円台のトイドローンから研究を開始しました(2017年12月25日)。

The researcher intends to use a drone for information gathering and the supplies transportation at the disaster. We examine the disaster use of the drone, too.

The drone for business use is expensive. The toy drone is around 10,000 yen. We started a research in a toy drone.



初号機
First drone

 初のドローンはHoly Stone社のHS-200。

 本体はプロペラの対角で39cm、高さは6cm、重さは129g(実測値)。プロペラガードを外した機体重量は116g(メーカー公表値)。

 Amazonで購入でき、機体セットにはコントローラー、カメラ、SDカード、バッテリ、USBケーブル、モバイルバッテリ、取扱説明書などが入ってきた。

 調達時の価格は12,820円。多くのトイドローンと比較したが本機が最も優れていました。

 詳しくは特設ページをご覧ください。

A drone of the first purchase is HS-200 (Holy Stone). It is sold in the Amazon.
Propeller distance is 39cm, height is 6cm, weight is 129g with an actual value.
The accessories are a wireless remote controller, camera, SD card, battery, cable, manual books.

I bought it for 12,820 yen in the Amazon. As a result of having compared many drones, this drone was excellent.

The specially installed page comments on HS-200 in detail.

初号機HS200特設ページ (Special Page for HS-200)



最新情報
Topic

 ドローンに関する最新情報をまとめています。

The information of the drone is summarized.



トイドローン離着陸動画
The video that a drone takes off and lands

 離着陸の動画を撮りました。高度を上げる練習は広い場所に行ってからやってみます。

We filmed a state of the taking off and landing.

FSV画像(疑似体験) + 離陸⇒着陸(失敗)



無人機飛行ルール
The flight rule of the pilotless airplane

 トイドローンは200g未満の『模型航空機』です。模型航空機(200g未満)は厳しい航空法の規制は適用されず空港周辺でのフライトなどの規定(航空法第99条の2)のみが適用されます。

 その規定は国土交通省から出されています。200g以上は飛行させられない訳ではなく、飛行させるための制限を受けるというルールになっています。

 具体的には機体とバッテリの合計重量が200g未満のものは模型飛行機に分類されるとしており、すなわち200g以上が航空法の定めによる無人航空機となります。

国土交通省: 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン
国土交通省: 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール
国土交通省: 無人航空機の飛行にかかる安全対策の徹底について(周知分)

 航空法の適用を受ける(200g以上の)無人航空機はフライトに際して下図のような空域制限を受けます。

The toy drone is a "Model airplane" less than 200g.
The Aviation Act is not applied to a model airplane. But Aviation Act Article 99 is applied around an airport.
We can make model airplanes 200g or more fly if we observe Aviation Act.

Please refer to a figure for the understanding of the air boundary limit.



 また、飛行方法についても日中、目視範囲内、物を落下しないなどのきまりがあります。

Please refer to a figure for the understanding of the flight method.



 くわしくは国土交通省のホームページをご覧ください。

The supervision of the drone is Ministry of Land, Infrastructure and Transport.

 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール
The flight rule of the drone




ドローンは、いつから『ドローン』?

When has the small helicopter begun to be called a drone from?

新聞記事比較
The name is compared by a newspaper.

 以下の新聞記事は概ね同じ主旨のものですが、書かれた時期に数年の差があります。

 2014年には『無人ヘリ』と見出しに書かれていた4つのプロペラを持つ無人の小型ヘリコプターが、2018年1月には見出しで『ドローン』と書かれるまでになりました。

The small helicopter having four propellers was called Unmanned Helicopter by a newspaper article of 2014.
It was written as a Drone in the entry of the newspaper of 2018.

日本経済新聞:老朽インフラ点検、中小活躍 無人ヘリやロボット活用(2014年10月20日)
日本経済新聞:インフラ老朽化、ドローンで調査 橋梁や水管橋を対象に(2018年1月25日)



2015年

 2015年1月3日の日本経済新聞の特集『イノベーション2015』には『無人飛行機(ドローン)』として括弧書きながらドローンという見出しが付きました。
 同年4月、首相官邸の屋上でドローンが発見されて以降は新聞記事でも見出しに『ドローン』を使っているようです。もしかすると技術の進化よりも事件・事故が名前を売ったのかもしれません。

A drone crashed in the Japanese prime minister's official residence in April, 2015.
The words called the drone became popular after this case.

 国土交通省では2015年より事故件数を公表しています。

日本経済新聞:イノベーション2015A無人飛行機(ドローン)_物流・農業、アイデア満載(2015年1月3日)
日本経済新聞:ドローン 意図的侵入か 首相官邸に落下 危機管理_虚を突く(2015年4月23日)





※.当サイトで紹介する情報は災害時の安全を約束するものではありません。参考情報としてご覧ください。

バナースペース

AmpiTa Project

www.ampita.net




医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。