本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

災害対策・減災DISASTER / PREVENTION / RESILIENCE

[(Drone)] -AmpiTa-[(HS200 ToyDrone)] -AmpiTa-[(Drone NEWS)] -AmpiTa-[(Drone TOPIC)] -AmpiTa-


ドローンニュース (無人航空機関連記事)

ニュース
News

 ドローンに関するニュース記事を集めています。

News of the Drone.

It is Japanese news primarily.



進展・発展
Progress

 発展的な記事を集めています。

 風雨に強い多目的ドローン 災害時に活躍
Development of multi-purpose drone resistant to wind and rain and active in disaster

 風雨に強く飛行時間が長い多目的防水ドローン(小型無人機)を製品化する....[続きを読む/read a news]
 完全自動運転ドローンを実現_クラウドで一括管理
All auto-pilot drones.

 クラウド上でソフトウエアなどを一括管理することによって、人の操作が不要な完全自動運転を実現。無人で保守点検やセキュリティー、測量など幅広い業務に対応する。料金は使った分だけ課金する従量制でコストも抑制できる。
[続きを読む/read a news]


防災・災害
Disaster

 災害対策などの関連記事を集めています。

 ドローン使い避難誘導実験、新宿で損保ジャパンなど
Drone evacuation guidance experiment, Sompo Japan etc. at Shinjuku.
2018年11月13日・日本経済新聞

 損害保険ジャパン日本興亜や東京都新宿区は15日、新宿でドローン(小型無人機)を活用した災害対応の実証実験を実施する。3地点でドローンを飛ばして上空から現場の状況を把握するとともに、機体に搭載したスピーカーが避難情報を発信できるかを確認.... [続きを読む/read a news]
 災害時にドローン派遣_県、損保ジャパンと連携
Chiba pref. cooperates with SONPO and dispatches a drone at a disaster.
2017年12月28日・日本経済新聞

 千葉県と損害保険ジャパン日本興亜は27日、防災力の向上に関する包括連携協定を結んだ。大規模災害が発生した際.... [続きを読む/read a news]

千葉県: 損保ジャパンとの「千葉県の地域防災力向上に関する包括連携協定」の締結について
 ソフトバンク、ドローンで遭難者捜し 無線中継活用、大樹町で実験
SOFTBANK searches a victim in a drone.
2018年5月3日・日本経済新聞(北海道)

 ソフトバンクは、ドローンを使った無線中継システムを山岳地帯の遭難者救助に活用する実証実験を始めた。ドローンは半径10キロメートルの範囲で、遭難者の携帯電話の全地球測位システム(GPS)機能から位置を特定。ソフトバンク以外の通信事業者の端末でも捜索できるように改良した。[続きを読む/read a news]


産業利用
Industry

 産業界での活用などの記事を集めています。

 離島へドローン配送実験 ANAHDや福岡市
Delivery experiment to remote island with drone
2018年11月21日・日本経済新聞

 ドローンを使い離島まで物品を運ぶ実証実験を公開した。海産物や医薬品など1キログラムの荷物を....[続きを読む/read a news]

 郵便局 ドローンがつなぐ 福島で社内書類配送
Drone delivers paperwork at post office in Fukushima
2018年11月7日・日本経済新聞

 日本郵便は7日、福島県の2カ所の郵便局間で、小型無人機ドローンを使った荷物の配送を始めた。当初は社内の書類やチラシを運び....[続きを読む/read a news]

 ドローン宅配実験、玄関まで 配送ロボと連携
Drone made an experiment to deliver it to the entrance
2018年10月25日・日本経済新聞

 千葉市は24日、国家戦略特区の枠組みを使い、楽天などと小型無人機(ドローン)を使った宅配実験を同市内で実施した....[続きを読む/read a news]

 老朽インフラ点検、中小活躍 無人ヘリやロボット活用
The technology of the medium and small-sized business is utilized for check of the timeworn infrastructure.
2018年1月25日・日本経済新聞

 東京都はドローン(小型無人機)をインフラの維持、管理に活用する実験を2018年度に始める。橋梁や水管橋を対象に高精度カメラで老朽化の程度を調査する。高度成長期などに整備したインフラが一斉に更新期を迎えるが、人手に限りがあるため効率的な点検法を探る。19年度以降の実用化を目指す。
[続きを読む/read a news]

 南相馬市で自動運転ドローンの長距離配送、官民が共同で実証
Long distance delivered it in all auto-pilot drones.
2017年1月18日

 経済産業省(METI)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、福島県、南相馬市、自律制御システム研究所(ACSL)の5者が福島県南相馬市の海岸で完全自律制御による回転翼ドローンでの長距離荷物配送の飛行実証試験を行った。
 使用機は楽天配送サービス(そら楽)専用機『天空』のベースとなる機体です。
[続きを読む/read a news]



法規制・制度
Laws and regulations

 記事を集めています。

 『空飛ぶ携帯基地局)可能に 総務省、ドローン利用承認へ 創案者捜索などに活用
Drone can be a mobile phone radio base station
2018年11月3日・日本経済新聞

 総務省は携帯電話の無線設備をドローン(小型無人機)に搭載して上空で使えるようにする方針だ。現在は研究用など一部に限っているが、幅広く利用できるようにする。遭難者の捜索や産業用の画像伝送などでドローンを活用できる機会が広がりそうだ。[続きを読む/read a news]
 ドローン飛行、自治体が規制 国交省、3月めど条例で可能に
A self-governing body can regulate the flight of the drone.
2018年1月6日・日本経済新聞

 国土交通省は3月をめどにドローン(小型無人機)の飛行を自治体が独自に規制できるようにする。[続きを読む/read a news]
 ドローン規制_高度応じ_イベント会場など_来月から実施へ
The drone flight is regulated depending on height.
2017年12月29日・日本経済新聞

 国土交通省はイベント会場など多数の人が集まる場所でドローンを飛ばす際、運航者に半径30メートル以上の立ち入り禁止区域を設けるよう義務付ける。[続きを読む/read a news]


事件・事故
Accident

 記事を集めています。

平成29年度 無人航空機に係る事故等の一覧(国土交通省に報告のあったもの)
The accident report of the unmanned airplane (2017). 

2017年12月
 2017年4月~12月までに報告のあったものの速報値 [続きを読む/read a news]
平成28年度 無人航空機に係る事故等の一覧(国土交通省に報告のあったもの) 
The accident report of the unmanned airplane (2016).

2017年9月
 2016年4月~2017年3月までに報告のあったものの速報値 [続きを読む/read a news]
平成28年度 無人航空機に係る事故等の一覧(国土交通省に報告のあったもの)
The accident report of the unmanned airplane (2015). 
2016年5月
 2015年12月~2016年3月までに報告のあったものの速報値 [続きを読む/read a news]


その他
Other

 記事を集めています。

 ドローン自動航行に保険 テラドローンと東京海上日動
The insurance of all auto-pilot drones.
2018年5月14日・日本経済新聞

 ドローン(小型無人機)運行システムを手掛けるテラドローンは東京海上日動火災保険と組み、自動航行などをつかさどる運行管理システム(UTM)向け保険を開発した。[続きを読む/read a news]




※.当サイトで紹介する情報は災害時の安全を約束するものではありません。参考情報としてご覧ください。

バナースペース

AmpiTa Project

www.ampita.net




医療設備研究班が52時間の停電被災~備えと対応実践~ 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。