本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

災害対策・減災DISASTER / PREVENTION / RESILIENCE

トップページ > 災害対策・減災 > 備蓄 > 家庭備蓄 > 水害に備える

災害について災害対策本部非常事態類別Disaster車中泊車中泊
disasterdisasterdisasterdisasterlibrary私たちの研究

災害備蓄家庭備蓄民間備蓄公共備蓄医療備蓄支援物資

食料・食糧燃料・熱源用水・衛生情報・往来生活・居住その他


水害に備える

洪水害

 大雨や融雪などを原因として、河川の流量が異常に増加することによって堤防の浸食や決壊、橋の流出等が起こる災害を洪水害といいます。一般的には、堤防の決壊や河川の水が堤防を越えたりすることにより起こる氾濫を洪水と呼んでいます。

浸水害

 大雨等による地表水の増加に排水が追いつかず、用水路、下水溝などがあふれて氾濫したり、河川の増水や高潮によって排水が阻まれたりして、住宅や田畑が水につかる災害を浸水害といいます。内水氾濫と呼ぶこともあります。また、道路や田畑が水につかることを冠水ということもあります。

気象庁:台風や集中豪雨から身を守るために





台風が来る前に

調理家電

2Fに調理家電

 浸水被害があった場合、低層階から被害に遭います。家屋であれば1Fです。
 2Fは被害を免れる可能性があるため、調理器具を2Fに運び上げましょう。

 お勧めは炊飯器と電子レンジ。

 できれば台風到来前に1度炊飯してパックなどに移して1〜2食分は停電しても食べられるように確保しておきます。
 続いて、炊飯の準備をして2Fに炊飯器を持って上がります。

 白米だけでは物足りないので、レトルト食品と電子レンジがあると快適性が向上します。

 冷蔵庫は重いので、2Fへ持って上がるのは諦めましょう。



土嚢

土嚢

 家に水が入って来ないようにするには土嚢を活用します。

 家の外側を一周して、一番低い開口部を探します。
 一般的には玄関か勝手口です。

 土嚢は浸水を防ぐものですが、水位が玄関ポーチや土間に達していなくても、冠水した道路を車や救助ボートが通ると波打ちますので、ギリギリの限界点を超えてきます。このようなときにも土嚢が役立ちます。
 私の家は、道路が冠水するたびに無謀な車が進入し、波を立たせて床下浸水が床上浸水の水位まで上がってしまい、そのあとには立ち往生した車が道路を塞いでしまうという、誰も得しない状況が何度もありました。



土嚢

飛散対策

 物が飛んでいかないように対策します。

 バケツやプランターなど軽くて風の影響を受けやすいアイテムはどこかへ消えてしまいます。バイクのカバーも風を受け止めるので要注意です。
 私たちのパイロン(三角コーン)が数百メートル先で発見されたこともありました。数十メートル先の路地を右折して、その先まで行っていました。

 庭木も補強が必要です。風に耐えられても飛来した枝やビニルなどに負けてしまう恐れがあります。また、折れた枝が自家用車や隣家などを傷つける恐れもあります。

 ベランダの物もよく飛ばされます。物干し竿は要注意です。ズレ落ちたあとでガラスを割る危険があり、暴風雨の中でガラスが割れたら悲惨です。

 プレハブ型の物置も注意してください。
 一見すると重そうで飛ばされないと思いますが、1枚でも屋根や壁が剥がれてしまえば簡単に崩れます。
 また、ブロックで少し高くしている場合も多いでしょうが、地面と物置の間に突風が入り、物置を動かしてしまうこともあります。
 理想はアンカー止めですが、台風の間だけでもロープでくくるなどの対策が必要です。



冷蔵庫

冷蔵庫を持ち上げる

 上層階に持って上がれない高額品は、30cmでも良いので高い位置に上げておきます。

 よく『腰まで水が来た』といって家の1Fの壁の泥の線を見せてくれる映像がニュースで流れているのを見た事ありませんか。

 テレビであれば、テレビ台の上に何かを置いて高さを確保しましょう。
 冷蔵庫は天井までの高さもあるので、ダイニングチェアを2つ向き合わせてその上に置くくらいが限界だと思います。
 これで、20万円超の家電が2つ守れる可能性が高くなりました。



冷蔵庫

車は高台に

 車はガレージに置いておくと便利ですが、駐車場は道路とほぼ同じ高さなので冠水リスクが非常に高いです。

 特に出し入れの自由度が低いガレージは、車が動かなくなってしまったときにレッカーなどが使えず相当に苦労します。

 少しお金がもったいない気もしますがコインパーキングや立体駐車場に置いてくることも検討すべきです。

 予め交渉できる場合、避難所となる小学校の校庭を早々に開放してもらうこともできるかもしれません。

自家用車乗り入れ規制

 避難所となる小学校を管理・運営するのは地方自治体です。校内(構内)への自家用車の乗り入れを許可するのも規制するのも自治体となります。

 多くの自治体で避難所運営マニュアルに『自家用車の乗り入れ禁止』が掲げられています。

 救急車や救援車両等の進入路や駐車スペースの確保が1つの理由です。

 ただし、原子力災害の避難手段には自家用車の使用が想定されているため、避難所でも自家用車の避難・誘導を想定したマニュアルが策定されています。

 明らかに冠水することがわかっている地域で、家財の中でも高額であり避難生活の利便性も高める自家用車の取扱いについて、官民が膝を突き合わせて合理的・合議的な意見交換が必要です。

さいたま市:避難所運営マニュアル(P9…避難は徒歩で。乗用車は厳禁)
生駒市:巨大地震等大規模災害時用避難所運営マニュアル(P10…原則として避難所への自家用車の乗り入れは規制します)
調布市:避難所開設編1(P11…自動車・自転車は原則乗り入れ不可としますが、他の用途に支障がない場合には一時的に許可をします)
大分市:避難所運営マニュアル(P12…原則として、自動車・自転車の乗り入れは認めないが、住まいを失い、置場を失った場合は、他の用途に支障がない場合に限定して一時的に許可する)
内閣府:噴火時等の具体的で実践的な避難計画策定の手引き(P5…避難手段の確保(指定避難所まで徒歩、自動車、バス、船舶等))
関西広域連合:知っておきたい原子力防災(P6…避難が必要となった場合、避難者は自家用車又はバスで避難します)
境港市:境港市広域住民避難計画(P15…避難手段は、天候等の条件に制約を受けにくい自家用車及びバスによる避難を基本)
GAZOO:クルマは『仮設部屋』! モバイル避難所という考え





台風が来てから

2Fに寝る

 浸水は低いところから順に上がっていきます。

 就寝中、暴風雨の轟音の中で静かに水位は増していきます。あるいは河川氾濫で一気に水が流れ込みます。

 少しでも生命や財産を守るならば、高い場所で就寝しましょう。

NNN:1階で寝ると浸水で命落とす危険も〜気象庁



Radio

ラジオ

 情報源としてテレビは次々と画面表示して便利です。

 しかし停電してしまうと情報源として使えなくなります。

 停電後はラジオが有効な手段になりますが、突然ラジオを聴き始めてもどの局がどのような情報を、どのようなタイミングで流しているかわかりづらいです。

 できれば早めにラジオをつけておき、耳に馴染ませておくと情報収集しやすくなります。
 特に停電後、調理ができないことなどから外部の情報に傾聴するようになりますので、そのときに情報収集できるように準備しておきましょう。





台風の後処理

ゴミ拾い

 台風が過ぎて晴れてきたら家の周りを見回ります。

 ハンガーや枝、枯葉などは掃除しましょう。

 自宅や自家用車に被害が無いか確認し、被害があった場合には写真を撮って損保会社に相談しましょう。




殺虫・殺鼠剤

 洪水・冠水・浸水があった場合、下水や汚水が流入していることになります。上流であれば生活排水は少ないと思いますが、市街などでは雑菌が多く、天候回復と同時に菌増殖の環境も整います。

 大腸菌は好適環境(至適環境)下では15分で2倍増殖すると言われ、わずか100個の菌も15分で200個、30分で400個、1時間後に1,600個になります。
 赤痢やコレラなどあまり聞かなくなった感染症がありますが洪水のあとはリスクが高まります。

 まずは家の周りに、床下浸水があった場合は通気孔や床下点検口から消毒を行います。
 庭木用に売られている『スミチオン』は比較的取扱いやすい害虫駆除薬剤です。床下浸水の被害に遭ったときは毎回使っています。

札幌市:細菌性赤痢・コレラ
横浜市:大災害時の医療体制整備〜東日本大震災時の感染対策への取組み〜
首都大学東京:都市における巨大地震と豪雨による複合災害時の感染リスクに関する研究
防衛医学研究センター:自然災害と感染症
メディカ出版:過去20年に大規模災害を契機に問題となった感染症






※.当サイトで紹介する情報は災害時の安全を約束するものではありません。参考情報としてご覧ください。




医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。

バナースペース

AmpiTa Project

www.ampita.net




医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。