本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

発災・停電・非常時state of EMERGENCY

災害時専用(発災後に見るページ) - supported by AmpiTa -


発災後の通信は輻輳状態。データ量の少ない通信を選ぶ。

The communications network is weak. Short sentence communication is good.

 通信基地局は地震などの物理的ダメージによるダウンより、発災後の通信集中による輻輳状態の方がリスク。



通信

基本的にすべきことは安否を確認すること。

 停電後にできる通信対策はありません。
 多くの家庭で光電話やIP電話が導入されているため、停電すると固定電話や宅内Wi-Fiは使えないでしょう。

 停電が長期化する可能性がある場合、被災していない地域の方々に安否を伝えた後は、携帯電話の電池が長持ちするように電源を切るなど工夫をしましょう。
 家族が複数名居る場合は、1人ずつ電源をOnにして輪番にすることも良いです。

 昔ながらの固定電話(メタル回線)を使っている家庭では、固定電話が使える可能性があります。ただし電話機が停電に対応してなければ使えません。

 残る手段は公衆電話です。10円玉を持って公衆電話まで行きましょう。

NTT東日本:公衆電話 設置場所検索(北海道〜関東甲信越)
NTT西日本:公衆電話 設置場所検索(東海北陸地方以西)





通信情報

NTT東日本
工事・故障情報
NTT西日本
工事・故障情報
NTTコミュニケーションズ
工事・故障情報
NTTドコモ
工事・故障情報
ソフトバンク
障害・メンテナンス情報
au
障害・メンテナンス情報
ODN
障害情報
So-net
障害・メンテナンス情報
IIJmio
障害情報
BIGLOBE
運用/障害情報
楽天モバイル
メンテナンス/障害情報
AOL
障害情報
hi-ho
メンテナンス・障害情報
UQ
障害情報
TOKAI
メンテナンス・障害情報
eo
障害情報
J:COM
障害・メンテナンス情報

バナースペース

AmpiTa Project

www.ampita.net





医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。