本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

サービス/製品一覧SERVICE & PRODUCTS

日本光電工業バイタルサインモニタ集計システム

 医療現場では24時間絶えず患者様の心電図などのバイタルサインをモニタリングし、それらは記憶媒体に蓄積されています。

 循環器医療に従事する看護師が実施したバイタルサインモニタのアラームに関する研究を支援するために、サーバに保存されたデータから様々な集計を行う事ができるシステムを開発しました。

 数万〜数十万件にのぼるログデータの中から必要な情報を正確に取り出すための労力を軽減したソフトウェアです。特にExcelで数万行を超えるデータを取り扱うとパソコンがフリーズしてしまうことがあり、せっかくの作業が振り出しに戻されるリスクがありましたが、本ソフトウェアの使用で再作業というリスクはゼロになりました。

※.特定の研究目的のため一般公開はしておりません。




ダウンロード

特定の研究目的のため一般公開はしておりません。

名称・内容・説明 サイズ リンク 日付
(非公開) 328KB 2012/04/16




周辺機器

 こちら側ではパソコンの準備だけで実行できます。
 元データは日本光電工業製のバイタルサインモニタ用サーバに集められるデータが必要となりますので、セントラルモニタシステム等をご用意ください。

名称 内容・説明 リンク
パソコン 汎用品



運用・利用

【事前準備】
 日本光電工業製のセントラルモニタのサーバに蓄積されたデータをUSBフラッシュメモリで取り出して下さい。

【取込・集計】
 データを取り込むとAccessデータベースに転記されます。
 目的の方法で集計処理を実行するとエクセルファイル等で出力することができます。

【出力】
 以下のようなデータを出力することができます。
▽全データ(生データをExcel表で並べ替えたものです)
▽患者別アラーム(患者別にアラームを時系列で並べます。患者の人数分だけシートが作成されます。)
▽重大アラーム(当方で指定した重大アラームのフラグが立っているデータのみを抽出して出力します。)
▽アラーム消時間(アラーム種別に発報から消去までにかかった時間を分類して出力します。)

【集計結果】
 集計結果がどのような内容であったかの解析機能は備わっていません。
 解析は研究者によって行ってください。

上記画像は参考用(サンプル)です。実際のデータではありません。





関連研究事例

■心拍監視モニタアラームに対する看護師の意識(岡田美子, 高田幸千子, 他)




免責事項

 我々は日本光電工業と一切関係ございません。いかなる質問にもお答えできません。
 本ソフトウェアは研究のために開発した物で、治療や診断には一切使用しておりません。
 患者個人情報の取り扱いについては研究者に責任があり、本ソフトウェアでは管理できる機能を有していません。
 実施した研究の内容についてはお答えしません。

バナースペース

AmpiTa Project

www.ampita.net




医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。