本文へスキップ

災害対策・ヘルスケア課題解決

モノ・サービスProduct & Service

Top > モノ・サービス > ソフトウェア・アプリ > PsMak - パスワード自動生成ソフト(パスメク)


PsMak - パスワード自動生成ソフト(パスメク)

 PsMak (Password Maker)はパスワードをランダム(不作為)に自動生成するソフトウェアです。

 メールの添付ファイルに毎回パスワードを設定する手間の軽減、個人のパターンを認識されるリスク軽減、桁の大きいパスワードの利用促進などを目的にAmpiTa Projectの開発チームの内部使用のために作りました。

 利用希望者が居たため、公開しました。





運用・実用

 PsMak.exeを起動するだけで10桁のパスワードが生成され、同時にクリップボードにコピーされます。そのまま必要な場所に貼り付ければ作業は終わりです。

 画面上方の『パスワード生成』(Get a PASSWORD)をクリックすると何度でもパスワードが生成できます。

 桁数と文字種構成は自由に変えられます。100桁のパスワードも一瞬で生成できます。最近のウェブ上で要求されるパスワードは記号や数字を混ぜたものが多いですが、本ソフトウェアは簡単に対応できます。

 パスワード作成者の個人的な傾向などバイアスがかからないので、パスワード発行担当者が1日に何百個つくっても偏りませんし、推測されるようなこともありません。

 メールの添付ファイルなど頻繁に使われる方には特にお勧めです。




軽量

 このPsMak(パスメク)はとにかく軽量です。
 特別なインストール作業がなく、手に入れたファイルを起動するだけでパスワードが作れます。
 USBフラッシュメモリの中に入れたまま持ち歩いて、ネットカフェのパソコンで起動させることもできます。



文字シバリに強い

 よくパスワード設定で『8桁以上』『大文字と記号を』など縛りを与えてくることがあります。
 PsMakはそのような条件に対応できるように作られています。



メール添付ファイルのパスロックが発祥

 元々、メールに添付するZipファイルにいちいちパスワードを命名するのが面倒で制作したソフトです。

 パスワードを考え、Zipファイルのパスワードを付けて圧縮、メールに添付という一連の作業のあとに、パスワードだけ別送しなければならないのでどこかにメモをする。これを一手に引き受けてもらおうと制作しました。

 圧縮ファイルを作るとき、PsMakを起動するだけで10桁のランダムなパスワードが作られ、同時にクリップボードにコピーされているのでそのままZipファイルのパスワード欄に貼り付け。そしてメール送信。
 パスワード連絡用のメールにも貼り付けるだけ。もしクリップボードから消えていても、PsMakの画面には表示されたままになっているので安心です。







ダウンロード

 PsMakのソフトウェア本体はVectorよりダウンロードすることができます。
 無償提供のフリーウェアです。

名称・内容・説明 サイズ リンク 日付
パスワード自動生成ソフト【PsMak】(パスメク) 155KB 2017/03/19
取扱説明書 144KB 2017/03/19




周辺機器

 不要です。



旧ファイルダウンロード

 ファイルがありません。

名称・内容・説明 サイズ リンク 日付
(準備中) **,***KB ****/**/**


[PR] 療養住環境最適化
[PR] ブラックアウト病院BCP
[PR] NES最新
[PR] 手細工 Hand Craft SHOP
[PR] 3D Printer Mediator SHOP

www.ampita.net