本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

時事情報CURRENT TOPICS

2018年09月21日(金)

フィッシング詐欺にご注意ください。

 本日、携帯電話に見慣れぬSMS(ショートメッセージ・ショートメール)が届きました。

コンテンツ利用料金の精算確認が取れません。本日ご連絡なき場合には法的手続きに移行致します。アマゾンジャパン(株)(0357289975)


 身に覚えが無いの電話する気はありませんでしたが、もしも支払いを失念していてAmazonさんにご迷惑をお掛けしてはならぬとAmazonさんに問い合わせました。

Amazon.co.jpでは未納料金が発生するシステムはございませんので、今回お客様のもとに届いているメッセージは、Amazon.co.jpとは関係のないメッセージであると思われます。念の為に、Amazon.co.jpからお客様にお送りしているメールの履歴も確認いたしましたが、そのようなショートメールが送られている履歴はございませんでした。そのことからそのメールはフィッシングメール、いわゆる詐欺のメールでありますので記載されている連絡先に絶対に連絡されずそのままメール自体を破棄していただくことをオススメいたします。「未納金」や「会費未払い」といった詐欺のメールが現在横行していますので被害に合われませんようお気をつけ下さい。Amazon.co.jpのまたのご利用を、心からお待ちしております。

 やはり、詐欺の一種だったようです。

 電子メールで届くフィッシング詐欺についてはこちらをご参照ください。


このページの先頭へ




超速!! Amazon.co.jpの対応は10分

 上の図を見て頂くとわかりやすいのですが、不審なショートメッセージが届いたのが9月21日15時(画面は15:22の画像ですがメッセージが22分前に到着)。

 Amazonに問合せをしたのが15時25分頃。

 Amazonからのメール回答は15時36分。

 わずか10分程で送信履歴まで確認して回答をくれました。
 ネット通販の頂点に立つには、こうした配慮とマンパワーが必要ですね。

 感謝しています。


このページの先頭へ




各社対応

 各社では対応ページが設けられています。

○Amazon (ヘルプ&カスタマーサービス > Amazon.co.jp からの連絡かどうかの識別について)
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120

○LINE (ヘルプ > 迷惑トーク・メール)
https://help.line.me/line/ios/?contentId=20000293

○Apple (サポート > フィッシングメール/テキストメッセージを受信した場合)
https://support.apple.com/ja-jp/HT204759

○楽天市場 (ヘルプ・問い合わせ > 楽天を偽装したサイト・メール等にご注意)
https://ichiba.faq.rakuten.co.jp/app/answers/detail/a_id/15818

○楽天カード (お客様サポート > フィッシングの被害からお客様を守るために)
https://www.rakuten-card.co.jp/guide/securityinfo/

○三菱UFJニコス (MUFGカードをかたるフィッシング(詐欺)メールにご注意ください!)
http://www.cr.mufg.jp/member/notice/fishing/index.html

○佐川急便 (お知らせ > 佐川急便を装った迷惑メールにご注意ください)
http://www2.sagawa-exp.co.jp/whatsnew/detail/721/

○ヤマト運輸 (お知らせ > ヤマト運輸の名前を装った添付ファイル付きの不審メールにご注意ください)
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_160629.html

○日本郵便 (ご注意ください)
http://www.post.japanpost.jp/notification/notice/index.html

○OCN (OCNを騙る不正なフィッシングサイトにご注意ください)
http://www.ntt.com/personal/ocn-security/info/phishing.html

○一般社団法人セキュリティ対策推進協議会 (セキュリティ情報 > フィッシング)
https://www.spread.or.jp/category/phishing/


このページの先頭へ

バナースペース

AmpiTa Project

www.ampita.net




医療設備研究班が52時間の停電被災〜備えと対応実践〜 太陽光発電とカセットガス発電機HONDA "enepo" (エネポ) 電気工事士免状取得25年、療養住環境や医療福祉設備の停電対策を研究してきたAmpiTa研究班が被災。研究成果の活用や失敗を紹介します。